子は親の鏡

自分の親や自分の子供を見て

「私そっくり!!!」

なんて思うことありませんか?!


私、しょっちゅうです(笑)



「からだは嘘をつかない」
でも書きましたが、

貯めた思考が身体に現れることがあります。




今回は我が家の長男に口内炎ができた話です。


長男は、年に何度か
大きくてかなり痛そうな口内炎ができます。

あまりに痛がり、数ヶ月も治らないので
大きな病院で検査をしたり、

口内炎にいいということを調べて
あれこれ試したりしましたが、

数ヶ月、散々痛いと騒いだあげく
「触らなくしたら治った」と アッサリ言うので、


それからは、口内炎ができても放置です(-_-)




「子は親の鏡」…

長男の口内炎を私に着目してみます。


ここのところ仕事を忙しくしていたので、
子供たちの世話をしている時間を
ちょっと惜しんでいました。

そんな時間がない時、特に目に着いてしまうのが
子供たちが物を出しっ放し、
何回言ってもそのまま、
片付けても片付けても違う所で物が落ちてる…


プッチーーーーン(-᷅_-᷄๑)…


しかし、これはチャンス!
自分の思考を見て見ます。


子供に言いたいことを、言ったことを、
自分に言ってみます。


「次から次へと出しっ放し、

よく周りをみなさーい、

どんだけ散らかってんの!

いい加減、片付けろーーー!」



でした。


ここ数日、
すごーく頭の中がゴチャゴチャしていました。

やることもゴチャゴチャして
動きもすごーくゴチャゴチャしていました。


そして片づけに関して、
心の奥深ーいところでは


「なんで私が片づけなきゃいけないの?!」
(傲慢)

「やってー」
(怠慢)


と思ってる自分が見えました。
(とっても簡単に書いてますが)


心の深ーいところでそう思っていた自分に
その思考が足を引っ張っていることを
言い聞かせます。


そして自分が言うことをきいてくれると
子供たちが片づけてくれるようになり、

長男の口内炎も
いつもより早く、数日で治りました☆



「今回は早く治ったね」


と言うと


「触るのに飽きたから」
(触ってヒドくなっていた)



「触るのに飽きた」…


そう、今まで貯めてきた邪魔な思考、
その思考が繰り返し現れる問題にはもう飽き飽き!


いい加減、邪魔な思考は捨てましょう

自らの力で快適に過ごせる身体にしましょう

前へ進むべし!!ヽ(´▽`)ᕤ





あろまママのほぐしやさん

たなかけいこ


お問い合わせはこちら

あろまママのほぐしやさん

自らの力で快適に過ごせる自分へ

0コメント

  • 1000 / 1000