子は育つ

【子は育つ】

こんばんは。たなかけいこです。


先日、仕事から帰るとこんなものが〜!!!



開くとビョーン!




うれしいですね〜。
2人でお留守番中に作ってくれたそうです。



その日は帰宅がいつもより遅くなってしまったので、

「寂しがってないかな?」

「遅くて心配してないかな?」

「寒いけど大丈夫かな?」


ふっとそんな事を思いながら帰宅しましたが、子供たちはぜーんぜんへっちゃらだったので


「良かった」と安心したのと、


「あれ?平気なんだ」という感じでした。




というのも、ひと昔前の私は…

 

子供優先



でした。



仕事はしていたので、
 

「仕事をしているせいで子供を優先にできない!」
「子供がかわいそう!」


と自分を責め、周りも責めていました。

(自分で決めたことなのに、仕事しなければならない、とどこかで思っていて、直接的な言葉では言わなくとも態度や言い回しで責めていました。)



旦那が(子供を想って)しつけで怒っていれば、


「もっと子供の気持ちを考えた言い方をして」


的な文句を言ってました(汗)




でも、こんなに子供のことを思っているのに、


なぜ子育てで困ることが起こるのか、
どうしてこうなるんだろう、


と辛い出来事が時々浮上します。




例えば…


長男は4年間「かっか(私)がいい〜」と毎日ひどい大号泣で保育園へ行きました。 


長女は弟が産まれると「かっかがいい〜」とヒドイ赤ちゃん返りでした。


長男が産まれてから3人順番に10年間おっぱい吸われっぱなしでした。


何で今…、という時に困らされました。


などなど。




その原因が

「子供は優先するべき」 

「子供は世話して当たり前」



という思考があり、その思考の元は、


「子供(私)は世話してもらって当たり前!」



と思っていて、


ちいさい頃に

「自分の力で幸せに生きていけるように」

という親の想いで自立を促してくれていたのを
 

「世話してくれない!」



と勘違いしているのでした(゚д゚lll)


この心の深い部分にある思考が、
(大脳辺縁系で6歳位にまでに作られると言われている)

子供にも同じことをしなくてはいけない(世話しなければいけない)という現実を作り、

何度も繰り返し困った問題がやってきていたのでした( ゚д゚)


私がその見えない思考の勘違いを知り、自立しだすと、子供たちも自分から頑張るようになりました。甘えて困らすようなことがとても減りました。


子は親の鏡です。(またでた!)
周りも鏡です。
 

自分の周りに、特に身近な人に、自分が困ることがあるときは、 

起こっていることをよく観察してみて、

まずは自分を整えましょう。

そうすればまずは自然と周りも整ってきます。

だって鏡ですから(๑˃̵ᴗ˂̵) お試しあれ!



あろまママのほぐしやさんでは、

化学成分がしっかりとした
天然100%純粋なエッセンシャルオイルで
身体の中からバランスを整え、

もみほぐすことで
身体の外からバランスを整えます。

そして
バランスを崩した(問題の)原因を見つけ、

自分の力で快適に過ごせる自分になる


ことを目指します!



あろまママのほぐしやさん

たなかけいこ

【お問い合わせはこちらから】

urontyaurontya@gmail.com

あろまママのほぐしやさん

自らの力で快適に過ごせる自分へ

0コメント

  • 1000 / 1000